元気一杯ラーメン(行徳店)レポート

報告:元気一杯ラーメン特別調査隊
 レポート:たけし(たけしの日記より参加)
 運転:MELB−BOY♀(MELB−BOY♀の日記より参加)
 食べる:MEL男爵(MEL男爵の競馬予想より参加)
日時:2004/05/20 21:00〜23:00


第2話 伝説と向き合う冒険者達

21:29 店内に潜入。
これがメニューだ。

ココまでの道のりおも愛おしく思える瞬間である。
21:29 おそるおそるメニューを開く。何にするか...

店員「なにになさいますか?」
私「僕は、元気一杯チャーシュー...」
無難な選択だ。
B−BOY「俺は、スペシャルラーメン
ス、スペシャルラーメン?!
男爵「餃子とシューマイ、あと、スペシャルラーメン
店員「すいません。シューマイ終わっちゃったんですよ...」
男爵「じゃー、餃子2枚」
男爵様!さっきまで「俺は煮卵ラーメンにする」って言ってたじゃないですか!
B−BOYさんに触発されて男爵様もスペシャルラーメンを頼んでしまった!

スペシャルラーメンは完食するのが困難という伝説のラーメン。
男爵様は完食した人を見たことがないという...無謀としか思えない。
この2人キレてるぜ...

スペシャルラーメンに挑戦する2人の名前を店員が尋ねた。
しばらくすると、2人の挑戦心をたたえるセレモニーが始まるのだ。
21:32 写真の真ん中当たりに見える、ドラはスペシャルラーメンを注文した者を祝福する為だけに存在する。
21:35 手作り感満載の「元気にさせます」ポスター。
21:40 餃子が我々の元に届けられた。
男爵様は、ラー油、醤油、酢で食す。
B−BOY氏と私はラー油と醤油のみで頂く。
B−BOY氏と私は似ていることが多く、ここでもそれを強く感じた。

第3話 勝負開始!